LINE

場所別カビのお掃除方法 ~玄関~

見落としがちですが、実は意外と玄関もカビの生えやすい場所です。

外出して、帰宅すると外から靴に付着した砂埃や土が玄関で落とされ、雨粒から水分を得た場合、カビが繁殖することもあります。

また、マンションやアパートの玄関は北側にあることが多いので、冷えやすく結露になりやすいです。どうせ汚れるからと、あまり注意していない方は特に必見の掃除ポイントを紹介します。


床タイルのお掃除

玄関はほとんどの家がタイル製のため付着しても汚れが落ちやすい場所ですが、こっそり生えていたカビが下駄箱に飛んで、そこで繁殖するおそれもあります。

土や砂などは普段から掃除して、そのままにしないように心掛けましょう。 ただし、単純に掃き掃除で土やホコリを取ろうとすると、ホコリやカビが舞い上がってカビが別のところに付着する原因となるので工夫が必要です。 湿らせた新聞紙を小さくちぎって捲くとホコリを吸着するため、快適に掃除をすることができます。


掃き掃除が終わったら、いよいよ汚れを落とします。

リビング用の中性洗剤をスプレーして、デッキブラシやたわしで汚れをこすり取りましょう。 メラミンスポンジを用いても汚れがよく落ちます。 メラミンスポンジを少し濡らして、頑固な汚れやカビの所をごしごしこすってみると、見事にきれいになります。 その後、水ですすぎ、雑巾で水分をきれいに拭き取りましょう。

マンションなど、思いっきり水を流すことができない環境の場合は、水をよく含んだ雑巾で濡らしてから、中性洗剤をスプレーしてデッキブラシでこすりましょう。

その後、固く絞った雑巾で何度も拭き取ります。 床タイルも他の場所と同様、カビの防止も大事です。 カビを防止するために、まめに掃き掃除をしてホコリや土を取り除いておき、汚れないうちにウエットシートなどで拭いて養分をなくしてしまいましょう。

換気扇があるところは定期的につけておくことも大事ですが、玄関に換気扇がないところは、除湿器をつけて湿気を取り除きましょう。

下駄箱のお掃除

玄関の中では空気が停滞しがちな下駄箱が、やはりカビにとって最も住み心地良い空間となりやすいです。 下駄箱は外からの湿気もあり、加えてホコリが溜まりやすいので栄養分もあります。

下駄箱を開けるとカビの臭いがプーンとして、靴を出したらカビが…なんてこと、経験したことはありませんか? お気に入りの靴にカビが生えないようにしっかりと掃除をしましょう。



下駄箱の掃除としては、まず天気の良い日をお勧めします。

玄関を開けて換気をし、靴は陰干ししておきましょう。 消毒用エタノールを用意し、スプレーボトルに入れておきます。 下駄箱にカビがついているときは、まずドライシートで表面を軽く拭き取ります。 その時に、こすりとろうとしないようにしましょう。 こするとカビの菌が木目などに入り込んでしまう可能性があります。 ドライシートはビニール袋に入れて縛ってから捨てましょう。

消毒用エタノールを下駄箱のカビの奥まで浸透するように多めにスプレーして、そのまま乾燥させます。 カビの色が残っている場合は泡のカビ取り剤を使いましょう。 素材により痛めることがあるので、隅の方で試してから使うと良いです。

カビの所に泡のカビ取り剤をスプレーして、しばらく置いてから、固く絞った雑巾で拭き取って終了です。 下駄箱は臭いがこもりやすい所ですので、いつも少し開けた状態にしておくと良いでしょう。 下駄箱に市販の消臭剤や備長炭を置くか、口の空いた容器に重曹を入れて置くと消臭効果があります。

また、カビを防止するには、脱いだ靴をすぐに下駄箱にしまわないで、靴の中を乾燥させてから片付けることも効果的です。 そして、押入れと同様に下駄箱に靴を詰め込み過ぎると通気性が悪くなるので、余裕を持たせて靴を収納しましょう。

雨のあとの傘について

雨の日に傘をさして家に帰ってから、そのあと“いつも”傘立てに置きっぱなしになっていませんか。

実は、傘立てに溜まった水や傘についた雨水と、空気中のちりを養分としてカビが生えて繁殖し、黒ずんでしまうということが考えられます。 特に折り畳み傘は、たたんでおくと水の逃げ場が失ってしまうので、カビの繁殖しやすい状況を作り上げています。 雨の後の傘は必ず干し、乾かしてから片付けましょう。


傘の雨水は、閉じたり開いたりして水を切るとうまく水がはじけます。折り畳み傘は、開いた状態で傾けると水が流れます。 傘の水が切れたら、雑巾で拭き取り、傘立てに入れる前に乾くまで開けた状態で置いておきましょう。 乾いたらたたんで傘立てにいれるとカビが生じにくいです。

傘に雨水がついていると、他の傘にも湿気が移りカビも移ってしまいます。 また、雑菌も増殖して、生乾き臭で不快な臭いがしてきます。玄関が臭うのは、来客にも不快な思いをさせますね。 しっかり乾燥させて、天日に干し、殺菌しましょう。


お風呂から始まった場所別お掃除は玄関まできました。

第16回は服・靴のお掃除について、です。

落ちないカビの除去、どこよりも美しい仕上げ 落ちないカビで困っている法人、ご家庭の方ぜひ現場を見せてください 03-6435-0423(平日9:00〜18:00)