LINE

ビ取り職人の敗者復活戦(ブログ)

2020/05/15【加湿器の愛用者必見】冬の加湿しすぎでカビが増殖するケースのご紹介

5月も中旬、だいぶ蒸し暑くなってきましたね。


空気が乾燥した冬場に「加湿器」を使う人も多いと思いますが、この時期は加湿のしすぎによるカビ取り・カビ除去の相談がとても多くなります。


その理由は、、、

1.閉め切りのお部屋で

2.加湿器による加湿を

3.長時間行っている


すると、お部屋全体にカビが広がりやすくなります。


もし心当たりがある方は、今すぐお部屋の角や天井を確認してみてください。一見、ホコリがたまった汚れのように見えるのですが、正体は「カビ」なんです。


また部屋の角だけでなく、壁に緑色のようなものがポツポツ散見される場合も、加湿のしすぎで「カビ」が繁殖を始めているケースもあります。


こうした加湿のし過ぎでお部屋全体にカビが広がってしまった場合、乾燥機を止めたり、乾燥した時期になっても、カビはお部屋に留まりこのような症状になることが多いのです。


軽度なカビは、アルコールを含んだエタノールを雑巾に含ませて拭き取れば取れることもありますが、お部屋全体にカビが広がっていることも多いです。ジメジメした梅雨の時期がやってくる前に、専門業者さんに一度調べてもらうことをおススメします。


カビ取り屋.comでは、現地調査を無料※で行っていますので、お気軽にお問い合わせください!(※地域によっては交通費が発生する場合があります)


▷お問合わせフォーム
https://kabitoriya.com/inquiry/

▷お電話
0120-106-092

▷LINEで気軽に聞いてみる
https://lin.ee/amGzrvS